大阪市平野区「喜連瓜破駅」のだいごう整形外科リハビリテーションクリニックです。

  • 〒547-0026 大阪府大阪市平野区喜連西4-5-16
MENU

整形外科

整形外科

ORTHOPEDICS

整形外科で相談できること

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。
身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象としています。

背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、主に小児の先天性異常を扱う「小児整形外科」、骨粗しょう症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。

スポーツ障害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学はもちろんのこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗しょう症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍など、若年から老年まで幅広い患者層を扱います。

整形外科で診療する主な疾患

骨粗しょう症

加齢や薬の副作用などによって骨密度が低下する病気です。
女性ホルモンの低下とかかわりが深いため、50代以降の女性では早めの骨密度検査をお勧めします。現在骨粗しょう症の治療薬はどんどん進歩しており、当院では最新の骨密度検査を行うことができます。

骨粗しょう症の治療の目的は骨密度の低下を抑え(骨がスカスカにならないように)、骨折を防ぐことにあります。薬物療法、食事療法、運動療法を平行して行い、骨密度を高めましょう。

脊椎疾患

代表的な疾患には、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症に合併する圧迫骨折、脊椎脊髄損傷、頚椎症、頸髄症、脊椎すべり症、脊椎脊髄腫瘍、後縦靭帯骨化症、脊椎管狭窄症などがあります。

治療をするにあたり、原因を明確にして診断することが必要です。レントゲンの他に、CT、MRIなどが有用です。治療にはコルセットなどによる理学療法、薬物療法などの保存的治療と、手術による治療があります。

肩関節周囲炎(五十肩)

中年以降、特に50歳代以降に多く見られます。関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが老化して肩関節の周囲に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

急性期には安静、消炎鎮痛剤の内服、肩への注射、ホットパックなどの温熱療法などが有効です。急性期が過ぎてから、拘縮予防や筋肉を強化する為の運動療法を行います。

頚椎間板ヘルニア

椎間板が変性することで髄核が後方や後側方に脱出し、脊髄や神経根(神経の付け根)を圧迫する病気です。
第5~6頚椎間、第6~7頚椎間、第4~5頚椎間の順に多くみられます。頚部や肩の痛み、脊髄症の場合は手全体や下肢の麻痺、しびれ。神経根症の場合は片方の上肢に放散する痛みやしびれ、動かしにくさ、麻痺を生じます。

肩こり

同じ姿勢で長時間仕事をした後などに、首や肩や肩甲骨のあたりに、おもだるい、張るなどと感じることを肩こりといいます。

原因は主に筋肉の疲労です。同じ姿勢を続けるために、さまざまな筋肉を使い続けると血行が悪くなり、筋肉に老廃物としての乳酸が溜まり、重だるい感じを生じます。当院ではエコーを用いて注射を行う筋膜リリース(ハイドロリリース)を行なっております。

腰痛

腰痛は、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状です。腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。

腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり、障害が起きたりすることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰痛の発症に関係しています。3ヶ月以上続く腰痛を慢性腰痛といいますが、その中で原因がはっきりしない腰痛を非特異的腰痛といいます。

不安やうつ、社会的要因である仕事や家庭のストレスなどが絡んで痛みを脳で感じてしまうこともあります。要因や原因が多く存在する症状のため、まずはお気軽にご相談ください。

ぎっくり腰

重いものを持ったとき、急な動作によって突然腰に痛みが走り、場合によっては動けなくなってしまう病気です。発症直後はほとんど動けない場合が多いので、自宅で横になって安静にします。

少しでも動けるようになったら、痛みを軽減するために消炎鎮痛剤の使用や、腰部の筋肉内へのブロック注射や電気治療、コルセットや温熱療法などを行います。

腰椎間板ヘルニア

背骨の骨と骨の間にクッションと関節の働きをする椎間板があります。これが後方へはみ出て神経を圧迫して炎症を起こし、腰痛や坐骨神経痛である下肢痛を生じる病気です。

もっとも多い部位は第4腰椎と第5腰椎間で、その次に第5腰椎と仙椎間に多くみられます。一般的に最初の痛みの強い時は腰に負担をかけないようにします。

薬物療法やブロック注射、コルセット、リハビリ等の保存的治療で軽くなることもありますが、効果がみられず麻痺や排尿障害、強い痛みが長く続き日常生活に支障が出る場合には手術が必要になる場合があります。

スポーツ整形

スポーツ整形外科は、スポーツを行う人の外傷や障害のための整形外科です。スポーツ中に受傷する外傷と障害が対象となります。
スポーツ専門医の診察で、保存的治療(薬・注射・リハビリなど)と手術的治療の中から、最適な治療方法を選択して、故障や怪我からの競技復帰を図ります。